大人の処世術!ゴルフをある程度まで上達させるために必要な練習法7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
出典元:http://ovo.kyodo.co.jp/column/a-573706

どんなスポーツでも、上手くなるためには練習がつきもの。

練習してどんどん上達すれば、楽しくて仕方がない!もちろんゴルフだってそうですよね。

ゴルフは決して簡単なスポーツではありませんが、正しい練習方法がわかっていれば上達はするのです。

ここでは、いろいろある練習方法の中でも、上達の近道となる正しい練習方法をご紹介します!

1.まずは目的をもった素振りから!

g1

引用元:http://www.secret-golf.com/ytt03/image/golf_siba.jpg

ゴルフの練習と言ったらまずは素振り。ですが、目的を明確にして素振りをしなければ、まったく意味がありません。何の目的もなく100球の球を練習場で打つよりも、しっかり目的をもった素振りを100回やったほうがゴルフのレベルアップに効果が出ることは間違いありません。素振りをしっかりとするだけで飛距離を伸ばすことも可能です。ではどんな目的をもって素振りをしていけばいいのでしょうか?

▼ゴルフ上達は素振りの継続から-その練習方法と効果

 

2.アイアンショットを身につける!

g2

引用元:http://golf-bestscore.com/wp-content/uploads/2015/06/4abf858dce4fad3088032d2a6c596f52_s.jpg

ゴルフ上達の近道・・・それはドライバーより、アイアンショットを完璧に身に付けた方が遥かにスコアアップに繋がります。

地味ではありますが、ピッチングウエッジで50ヤードを打つ。この基本練習は、腰から腰でスイングの基盤作りをするということ。このスイングが出来れば、フルショットでもブレなくなるのです!

▼ショットの原点はPWで50ヤードの練習

 

3.ドライバーを攻略!

g4

引用元:http://lesson.golfdigest.co.jp/lesson/special/onplain/100723/img/01.jpg

どのクラブも基本的には同じ打ち方。でもドライバーについては、シャフトが長くロフト角が少ない分、他のクラブよりもコツが必要になってきます。それにドライバーは一番飛距離が出るクラブ。飛距離は持って生まれた運動神経などに要因があったりもしますが、それでも飛距離を伸ばすにはちょっとしたコツとショットが安定していることが必須です。

ドライバーショットが安定しない最大の要因は、「スイング軸のブレ」。まずは軸がブレない練習をして、ショットを安定させましょう!

▼自宅でドライバーショットを安定させる練習法

 

4.アプローチで「寄せ」に強くなる!

g3

引用元:http://maikuhiro.s23.coreserver.jp/goruhu.com/wp-content/uploads/2015/11/dd9b594296db012059c5e1f02a818a64_s.jpg

ゴルフにおいて、アプローチは重要な要素のひとつ。スコアアップにはアプローチショットの安定が必須です。

実際にコースでよくあるアプローチのミスに、『ダフり』 がありますよね。それを防ぐにはまず、アプローチに適した構えを身につけることが必要!遠くに飛ばす必要のないショットなので、自宅でも気軽に練習できます。

人気記事ランキング



1 2

学資保険 これだけ読めば大丈夫です!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る