学資保険の返戻率を最大化する

学資保険いくらかかる?月々の必要額と平均額を総まとめ

子供が生まれるという事はとても素晴らしい事です。ですが、喜んでいるだけではいられません。

 

子供を育てる為には莫大なお金がかかります。成長するにつれて費用も増えていきます。

 

そんな子供の将来を見据えて学資保険に加入する事を考えるお父さん、お母さんは多いのではないでしょうか?

 

ですが、実際のところ周りのお父さん、お母さんたちが月々いくら子供のために貯金をしているか知らない方は少なくはないでしょう。

 

続きを読む

学資保険でいくら準備する?お隣さんのリアルな懐事情

学資保険でいくら準備する?お隣さんのリアルな懐事情!

子供のためのお金は、できる限り準備しておきたいものですよね。しかし、この先どれくらいお金が必要なのわかりませんよね。子供の教育費の準備のためにあるのが、学資保険です。

 

学資保険は、子供の学資の総額と言われる1000万円のうち、大学教育に必要な金額の半額を学資保険で準備し、残りは貯金で準備すると学資計画はうまくいくと言われています。

 

しかし実際には、どれ位満期保険金額(満期学資保険金額)で準備すればいいのか、イメージが湧かないですよね。

続きを読む

学資保険のシミュレーション!知らないと損する8つ商品の特色は?

学資保険のシュミレーション

学資保険はご存知の通り、子供の未来のために必要な養育費を積み立てておくための保険商品です。

 

もし、契約の期間中に契約者が亡くなったり、あるいは、高度の身体障害状態になったとき、それからの保険料は免除扱いで必要なくなり、これが学資保険の一つの特徴とも言えます。

 

また、学資保険では、子供の学校の入学時や、卒業などのお祝いに、一定のお金(生存給付金)が支払われたり、満期時に契約の時に決められたお金が保険金という形で支払われたりします。

 

学資保険に加入する場合に「満期の時期」「保険料の払い込み年齢」「月々の積立金額」など決定しなければいけないことがたくさんあります。

 

どう決定すればいいのか、様々な角度からアドバイスが違ってくるので、困っている方もいらっしゃるでしょう。

 

これから、それぞれの保険会社から出ている学資保険をシミュレーションしてみて、各保険の特徴や、どのようにお得かということについて分析していきたいと思います。

続きを読む

学資保険の元本割れを回避できる!たった4つの冴えた見分けかたを教えます!

学資保険の元本割れ

元本割れしない学資保険は、どうやって選べば良いのでしょうか?

 

学資保険は元本割れするとひとまとめにしているところも存在しますが、これは正しい情報ではありません。

 

学資保険の契約の仕方によっては、元本割れを起こしてしまうことがあるのです。

 

元本割れを起こすことなく、子供の未来の為の資金を積立し、増やすことができる学資保険は数多くあります。

 

ここでは、元本割れしない学資保険の見分け方と、学資金を増やす為の契約方法といった知識をご紹介していきます。

 

続きを読む

学資保険は一括払いがお得?メリットデメリット徹底比較!

学資保険とは

1年ほど前、「国立大学の学費を私立大学並みに引き上げよう」という声が文部科学省から出て、国立大学志望の受験生やその親に大きな衝撃を与えました。

 

幸い今回は提言だけで具体化はしなかったようですが、財政赤字が減らない状況の下、このような動きは必ずまた出てくるでしょう。

 

そうなれば、国立大学の学費シミュレーションは今とは全く違うものとなるでしょう。

 

なかなか収入が上がらない中で、家計に占める学費の割合が、今後大きくなっていくことは確実です。

 

日本では低金利状態がもう20年以上続いています。先進国の中で日本だけが異常ともいえるこの状況は、先行き不透明感はあるものの、政府が景気回復を優先している現状ではまだまだ続いていくと思われます。

 

所得が増えない中、学資を貯蓄により賄おうとしても、利息が思うように付かないという苦しい状況が今後も続きます。

 

そんな低金利のなか、生命保険会社は、「学資保険」契約者のニーズに応え、少しでも返戻率を上げるための工夫を凝らした商品を提供してくれています。

 

そのような工夫の中に「保険料の一括払い」というものがあります。上手に使うことで返戻率を上げることにつながるため、契約者にとっては積極的に利用したい機能といえます。

 

続きを読む

学資保険と低解約返戻金型終身保険は違う?特徴、選びかたを検証!

学資保険と低解約返戻金型終身保険

念願のお子さんが生まれ、喜びのあとに金銭的な不安感が頭をよぎる方が多いようです。

 

お子さんを0歳-22歳まで育てるのにかかる金額は平均で3,000万円程度、そのうち教育費は約半額の1,500万円程度とされています。

 

あくまでも平均であり、私立と公立のどちらを選ぶかによって大きく変わってますが、お子さんの将来の選択肢を増やしてあげるため、お金に関しては余裕を持って備えたいところですよね。

 

ご存知の通り、学資保険はその手段として非常に有効な方法です。

 

また、近年では同様の目的で「低解約返戻金型終身保険」というタイプの終身保険に加入する方が増えています。

 

この記事では、学資保険と低解約返戻金型終身保険の違いやその強み、さらにはどういった基準で選択したらよいか、という点についてご紹介します。

 

続きを読む

学資保険の金額は?試算&組み合わせを解説!

学資保険の金額

お子様の成長は嬉しいものですが、それに伴って家計の負担は大きくなってきます。

 

そんな中にあっても、将来のお子さんが幅広い選択肢を持てるように、しっかりと教育費を確保したいところです。

 

そのために検討しておきたいのが学資保険。貯蓄性が高いだけでなく、”お子さんの教育資金のために”という目的意識が貯蓄を助けるという面でも人気を集めています。

 

教育に必要な金額を備えるためには、学資保険だけでなく奨学金や貯金、投資などといったいろいろな資金対策と合わせて上手に活用するのが理想的です。

 

そのように、複合的な備えをすると仮定した場合、どれだけの金額をどういったバランスで貯めていけば良いのでしょうか。

 

続きを読む

学資保険の返戻率ランキング2016 本当に利率の良い15社を比較

gakushi_ranking

なるべく得をする学資保険を選びたい!というのは、学資保険を検討している方の大半が抱く感情です。

 

今この記事をご覧になっているあなたも、きっとそのように感じているのではないでしょうか。

 

お得な学資保険を選ぶ上で「返戻率(へんれいりつ)」という分かりやすい指標があります。

戻り率と言われることもあります。

 

そこでここでは、その返戻率について詳しく解説し、その後、15社の学資保険を比較し、返戻率が高い順にランキング形式でご紹介します。

続きを読む

学資保険の選び方!返戻率を上げるために押さえるべき比較基準まとめ

lgf01a201407090200

学資保険を選ぼうと思ってネットを開いても、種類やプランなどが多すぎて迷ってしまいませんか?

 

様々な選択肢がある学資保険。ご家庭に応じた選び方、組み合わせ方ができてとても便利ですが、その分たくさんの商品やプランの中から検討することになります。

 

その全てを比較検討するとなると、きっと疲れてしまうし、膨大な時間がかかってしまうでしょう。

 

そうならないようにするには、実際に比較検討を始める前に、ご自身や家計の状況を踏まえて比較基準を定めておくことが大切です。

しっかりとした比較基準があれば、不要な選択肢をバッサリと切り捨てることができます。

 

 

ここでは、一番賢い学資保険の選び方をするために、最初に知っておきたい5つの比較基準を、事例や統計データなども用いてご紹介していきます。

このポイントを押さえておくことで、学資保険の選び方がよりシンプルに、効率的なものになるでしょう。

続きを読む